ランドスケープアーキテクチャーとの出会い-輿水肇先生の上原敬二賞ー

2016年 6月 12日 日曜日by Taguchi Leave a reply »

「緑地学を英語で訳すと何というですか?」

大学二年生の始め、私が輿水肇先生に尋ねた初めての質問でした。

「田口君、緑地学とは英語ではLandscape Architectureと言うんだよ。」そう教えてくれたのは、当時明治大学で緑地工学の教授をしていらした輿水肇先生でした。私が留学したいことを伝えると、先生は緑地工学研究室のガラス棚のびっしり詰まった本の中から、大学受験の赤本に似たような英語の本を取り出して渡してくれました。その本にはLandscape Architectureを教える海外の大学名、学部名、専門の特徴などが書かれていました。そこで初めて私は、ランドスケープ・アーキテクチャーという言葉に触れたのでした。

これを機に私はランドスープアーキテクチャー学科への留学に向けて本格的に準備をしはじめました。大学三年生になると輿水先生の研究室のゼミに入り、半年後にはコロラド州立大学に留学して、ランドスケープアーキテクチャー、特に計画や設計と言ったものを勉強しました。

今月、嬉しいことに、とてもお世話になった輿水先生が日本造園学会の上原敬二賞を受賞されました。
http://www.jila-zouen.org/awards/uehara_award_winners
同時に受賞された、東京農業大学の進士五十八先生、日本大学の勝野武彦先生も有名な先生です。ランドスケープの業界の方はご存知の方も多いのではないでしょうか?

米国の大学に留学する際には、推薦状が三通ほど必要になります。私がコロラド州立大学、ルイジアナ州立大学院の留学の際には、輿水先生に推薦状を書いて頂きました。在学時に一年間留学していたので、実際に輿水先生のゼミにいた期間は短かったのですが、卒業後も先生には多くのことを教わりました。米国の屋上緑化会議Green Roofs for Healthy Cities(Cities Alive)に一緒に参加して、屋上緑化や緑化壁の製品、課題、展望について語りました。2014年には、シドニーのWorld Green Infrastructure Conference(世界屋上緑化会議)に行き、この会議を日本に誘致するお手伝いをさせて頂きました。2015年には、名古屋で世界屋上緑化会議の開催のお手伝いをさせて頂きました。

今回、輿水先生が受賞された賞の名前になっている「上原敬二」ですが、日本のランドスケープアーキテクチャーの始祖とでも言うべき方です。アメリカはセントラルパークを設計したフレデリック・ロー・オームステッドが始祖、日本では、明治神宮の森を設計した上原敬二が始祖だと私は個人的には思っています。

実は、セントラルパークを設計したのはフレデリック・ロー・オームステッド(Frederick Law Olmsted)とカルバート・ヴォー(Calvert Vaux)の二人なのですが、その後の貢献を含めるとオームステッドがランドスケープアーキテクチャーの始祖であると言うのが一般的です。オームステッドは、ボストンのThe Fensを含むエメラルドネックレス等の多くの公園、ナイアガラの滝公園、ヨセミテ国立公園、スタンフォード大学キャンパス、米国造園協会の設立者の一人になるなど、米国のランドスケープに大変貢献した人物です。

一方日本に視点を移してみますと、明治神宮の森を作る際には、公園の父と呼ばれる本多静六、その弟子の本郷高徳と上原敬二が関わっています。その後に残した文献の量、日本造園学会の設立、東京高等造園学校の設立などを踏まえ、その後の日本のランドスケープアーキテクチャーを考えると、日本のランドスケープの始祖は上原敬二だと私は思います。

明治神宮の森は、ランドスケープ計画の要素が含まれています。以下のNHKの動画をぜひ見てください。

明治神宮・不思議の森 by Tokiomate

上原敬二についての進士五十八先生と濱野周泰先生の論文が参考になります。
http://ci.nii.ac.jp/els/110004305654.pdf?id=ART0006477078&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1465771203&cp=

関連記事

Advertisement

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.