High Line Park – 宙から車を眺める屋外シアター

2010年 1月 13日 水曜日by Taguchi Leave a reply »

しばらく時間を空けてしまいましたが、またHigh Line Parkの続きを紹介したいと思います。この公園は、意外と見所が多いのです。

そのThe High Lineのメインとなるのが、Amphitheater(屋外シアター・劇場)です。何と、このAmphitheaterは、公園の下を通る車の交通を眺めるというものです。

Amphitheater - 屋上公園の下を通る車の交通を眺める。

Amphitheater - 屋上公園の下を通る車の交通を眺める。

米国のランドスケープ、特に大学キャンパスや公園においてAmphitheater(アムフィシアター)は、よくプログラム要素の一つとして利用されています。日本語で翻訳すれば、屋外劇場・シアターといったところでしょう。(何となく、この言葉を日本語に訳すと違和感があります。誰か適した言葉があれば、教えて下さいm(-_-)m)
通常は、屋外イベントを行う際に使うのですが、今回はステージの代わりにガラスがあり、そこから車の交通を眺める点がユニークだと思います。

このガラスを通して外を見る空間では、利用者に大使少し宙に浮かんでいるような感じを与えるようです。それを気に入った子供たちはとても喜んで遊んでいました。

交通への眺め

交通への眺めと子供。

ディテールもしっかりと設計されていて、ベンチシートの下には間接光、更にADA(American Disability Act=障害者を考慮したユニバーサルデザイン法規)の車椅子用の坂が設計されていました。

シート下の間接光

シート下の間接光ディテール

車椅子用の坂

車椅子用の坂

このAmphitheater傍には、以前に紹介したHigh Lineベンチを応用し、ウッドデッキと一体型のベンチと木立による緑陰がありました。個人的には、ウッドで統一したこのベンチのほうが好きです。

ウッドデッキと一体化したベンチ

ウッドデッキと一体化したベンチ

遠くから、この屋外シアターエリアを眺めると以下の写真のようになります。既存の躯体を切り取り、構造体を下げるようにして作っているのが分かるかと思います。

既存の構造を上に上げるのではなく、下げるという発想が面白い。

既存の構造を上に上げるのではなく、下げるという発想が面白い。

この公園については、多くの部分を紹介しました。これでも書き残るところがあるので、次回、総括としてもう少し紹介したいと思います。

関連記事

Advertisement

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.