Archive for the ‘ケーススタディ’ category

グラウンドゼロ メモリアルSeptember 11th, Ground Zero Memorial

9月 9th, 2011

2001年から、もう既に10年経ったのか。。。

当時、私は、コロラド州立大学で一年間、ランドスケープ学科に所属し、勉強していました。丁度、そのとき、New Yorkにテロが起こりました。そして、私は映画の一場面のようなショッキングなニュースをひたすら見ていました。

先日、ニューヨークに行った際にWorld Trade Center跡地の前のホテルに泊まり、その様子を観察する機会がありました。10年かかっても、なかなか回復に至るには、程遠いことを知りました。この時間の流れを考えると、東北の震災復興には、多くの年月が必要だな。。。と感じざるに負えませんでした。

Ground Zero Tower,  by SOM

Ground Zero Tower, by SOM

Ground Zero, 0911夜も明るく、コンストラクションが続く。

夜も明るく、コンストラクションが続く。

» Read more: グラウンドゼロ メモリアルSeptember 11th, Ground Zero Memorial

ランドスケープ・まち・建築を巡る旅行 シカゴChicago他

8月 1st, 2011

ここ一ヶ月ほど、ブログをアップデートすることが出来ませんでした。実は、祝日や休暇を利用しつつ、旅行や会議に出かけていました。フロリダのSt AugustineとWest Palm Beachでのフロリダランドスケープの会議(FLASLA – Florida Chapter American Society of Landscape Architecture)、更にはChicagoに出かけていました。

旅行に行く度に思うのが、「旅は、いつしても素晴らしい!」ということです。そこには新しい土地の人々・文化・歴史があり、それらとの出会いがあるのです。そして、時には、その街並み・ランドスケープが、私達デザイナーを刺激し、より良い空間への想像力・好奇心を増幅させてくれるのです。また、実際の空間は、本の中で見ていた建築やランドスケープのプロジェクトの写真とは異なる印象を与えることが多々あります。結局、私達デザイナーは、自らの足を動かし、その場所を訪れ感じてみるということが大事なのだと、つくづく思いました。

Chicago - 高層建築の発祥の地

Chicago - 高層建築の発祥の地

時には、普段の目線から離れて見るのも面白いものです。特に、水空間が » Read more: ランドスケープ・まち・建築を巡る旅行 シカゴChicago他

日本のランドスケープ・アーキテクチュア(造園)訪問リスト Japanese Landscape Architecture Must-See List

6月 25th, 2011

来週には、私の同僚がバケーションで、日本に行く予定らしい。その彼女から、「日本でどこのランドスケープを観たら良いのか?」と聞かれました。このことに関しては、以前から学生やブログを読んでいる方から、「ランドスケープのお勧めな場所はありますか?」と以前に問い合わせがありましたので、今回、古典的な日本庭園から現代のランドスケープのプロジェクトまでリストに挙げてみることにします。

そもそも、モノや空間を観るということは、デザイナー・計画者にとって一番必要なことだと思います。その場所に行き、実際、その空間を感じてみることは、私がデザインする過程において、とても役に立つことが多いのです。その場所のSense、つまり雰囲気のようなものを感じることが、とても重要なのです。そこには、写真には見られない、利用し楽しむ人々や、在来する動植物、季節・天候により異なる景色などといった、時間・動的な要素が含まれるのです。このことを考えながら、どのように計画・デザインすれば良いのか?と自分自身で思考錯誤をしながら仕事をしています。

最初に、ランドスケープアーキテクトになりたいと学生の頃に思ったときは、私の周りには、デザイナーの方がほとんどいませんでした。私の先生も設計者ではありませんでしたが、「実際にモノを見るのが良いのでは?」とアドバイスを頂いたので、とりあえず、ランドスケープ関連の雑誌に載っている場所などを一人で訪ねては、そこでスケッチしたり、写真を撮ったりする事をよくしました。この事は、最近でも良くしていますし、やはり、そのことが実務に役に立つことが多いと最近、再評価しています。

ランドスケープ デザイン スケッチブック

今までのスケッチブック(ジャーナル)。どこか訪れるたびに、これを持ち歩いて、スケッチやメモをした。


 
今回は、自然的な国立公園や場所を除いたリストになりますが、以下がお勧めなランドスケープの場所に » Read more: 日本のランドスケープ・アーキテクチュア(造園)訪問リスト Japanese Landscape Architecture Must-See List

Greenacre Park 緑、水、そして冬の対策

5月 3rd, 2011

前回紹介したグリーンエーカーパークの続きです。今回は、植栽の緑、カスケードの水景施設、そして、公園の冬の寒さ対策について書くことにします。
このGreenacre Parkにおいては、見本となったポケットパークのPaley Parkと同様に、小さな空間を活かすとともに、ハードな壁面の視覚を和らげるために、ツタによる壁面緑化がされていました。やはり、密度の高い都市空間では、壁という立面をどのように扱うのか重要なのでしょう。メインの樹木がアメリカサイカチ【Gleditsia triacanthos(Honey Locust)】が使われいたので、Paley Parkと同じく、ヘデラ【Hedera helix(English Ivy)】が使用されているのだろうと思っていましたが、ここでは、ナツヅタ【Parthenocissus tricuspidata(Boston Ivy/Japanese Ivy)が使われているそうです。両方とも夏場は、緑色をしているツタなのですが、秋には、グリーンエーカーで使用されているナツヅタは鮮やかな赤色に紅葉しますので、雰囲気が大変変わることでしょう。

Parthenocissus tricuspidata

ナツヅタParthenocissus tricuspidataで覆われた壁

ツタ一つを選ぶのにも、それが » Read more: Greenacre Park 緑、水、そして冬の対策

Greenacre Park ポケットパークのディテールを観る

4月 26th, 2011

以前紹介したGreenacre Parkの続きになります。7年前に私のLSU大学院のMax先生と学生達と一緒にフィールドトリップで、この公園には初めて訪れました。そのとき、ハーバード時代のMax先生の先生が、この公園の設計担当をしたKinoshita氏らしく、いろいろと話してくれました。その話によると、Kinoshita氏はサーリネンの事務所で働いていた時に覚えた、実寸スケール、つまり1:1のモックアップをこの公園の施工時にやったそうです。ですから、この小さな公園には、多くのディテールも見応えがあります。マテリアルの使い方も、アメリカらしい力強さを感じさせつつ、石という日本的な素材も多くに使われています。まず最初に注目したいのは、エントランス部には、彫られた御影石にエッチングによるとてもシンプルなサインとトレリスです。

Greenacre Park Entrance Signage

シンプルなサイン(公園看板)と繊細な緑陰


よく観るとその上には、このような言葉が書かれています。

» Read more: Greenacre Park ポケットパークのディテールを観る

これぞ、最高のポケットパーク! Greenacre Park (グリーンエーカーパーク)

4月 19th, 2011

以前のブログで、ポケットパークの先駆けとなったPaley Parkを紹介させて頂きました。今回は、私が知っている限りで、最も素晴らしいポケットパークを紹介します。その公園は、ニューヨークのマンハッタンに所在し、名称はGreenacre Park(グリンエーカーパーク)と言います。皆さん知らないでしょうが、日系アメリカ人のランドスケープアーキテクトによって設計されたものなのです。当初、公園はAbby Rockefeller Mauzé(John D. Rockfellerの孫)によって創設されたGreenacre Foundationが、ランドスケープの事務所、Sasaki Associatesに依頼し、そこの所長(Principal)をしていたMasao Kinoshita氏によって設計され、1971年に開園に至ったという経緯があります。

Greenacre Park

Greenacre Parkを道路側から眺める。「この中に入ってごらん!」と、街の人々を魅了しています。

» Read more: これぞ、最高のポケットパーク! Greenacre Park (グリーンエーカーパーク)