ランドスケープ留学のアドバイス 続編03 (ランドスケープ留学関連の記事)

2010年 8月 25日 水曜日by Taguchi Leave a reply »

今回は、短く簡潔にブログさせて頂きます。
以前から、いくつかランドスケープの留学に関する質問が私のところに寄せられましたが、なかなか米国にある大学を日本から調べることはなかなか苦労すると思います。Landscape Architecture Magazine(March, 2010)にまとまった記事がありましたので、皆さんとシェアしたいと思います。

留学費用などが載っている。 LA Magazine, March 2010

留学費用などが載っている。 LA Magazine, March 2010


全ての記事のPDFのダウンロードはこちらから。(3MBで少し重たいかもしれません。。。)
Landscape Architecture Magazine, March 2010 記事

この記事によると、ランドスケープの大学院は現在、38校あり、現在、大学院を作る申請をしている大学が多数あるそうです。まだまだ、これからの分野であるということが言えるかもしれません。また、p.72-73の年間の学費などは、全ての大学が載っている訳ではありませんが、参考になると思います。日本人のランドスケープアーキテクトの方で、アイビーリーグのUniversity of Pennsylvaniaを卒業した人に会ったりしますが、 なんと、47,000ドルもします。これは、本当に高いです。やはり日本人は、全体的にお金持ちなのかもしれません。。。もしくは、以前に日本の企業が裕福で留学を推し進めていた時の人たちなのかもしれません。

また現在、私が通っていたルイジアナ州立大学の学費を学生に聞いてみたところ、州外の学費で、年間15000ドルだそうです。ただし、Assistantshipを獲得して通えば、この学費は、6000ドルになります。そしてこの6000ドルは、Assistantshipの仕事の給料を踏まえると、ほとんど無料に近くなると思います。昔に比べると、学費は大変高くなりました。ルイジアナの場合は、カトリーナのハリケーンによる被害の影響も、大学に影響したのだと思います。

いずれにせよ、記事を見ると、学校によって学費の費用は異なるのに気づきます。金銭的な面を考えると、2年目くらいからAssistantship等をして、In Stateの学費を払いつつ、大学院に通うのが一番お勧めです。

後、以下のリンクは、ランドスケープアーキテクトがどのような仕事か簡潔に載っていますので参考にして下さい。

ランドスケープアーキテクトの給料と将来性の表。
http://money.usnews.com/money/careers/articles/2007/12/19/the-components-of-31-top-careers.html

ランドスケープアーキテクトの仕事について。
http://money.usnews.com/money/careers/articles/2009/12/28/landscape-architect-2.html

留学に関して何か質問があれば、お気軽に連絡ください。私が知っていることであれば情報をシェアできたらと思います。

関連記事

Advertisement

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.