建築留学の動画 「海外で建築を学ぶ方法」

2011年 6月 15日 水曜日by Taguchi Leave a reply »

Twitterを通して、海外の建築留学の方法に関するプレゼンをした動画を見つけましたので、今回、シェアさせていただきます。音や画像が途中、青くなったりしますが、「建築」と「ランドスケープ」の留学も、学ぶまでの過程はとても類似していますので、ランドスケープで留学したい方も参考にして頂ければと思います。


私も、これに似たようなプレゼンを卒業した大学で、数回してきましたが、なかなか留学までいかないのが現実です。とりあえず、海外に一歩を踏み出すのが、とても難しいようです。さらには、英語のテスト、金銭面など多くの理由があるようです。

ここのプレゼンをした方は触れていませんが、米国の留学においては、大学の学科長や教授と「交渉する」というのも重要だと思います。例えば、「これと似たような授業は日本で受けているからいらない」、または、「似たようなデザインバックグラウンドの経験があるから二年で卒業させてくれ」、「奨学金などの金銭面のサポートをしてくれないか?」と言った内容です。私も、学科長に二年で卒業出来るように、いろいろと交渉しました。秋学期に中国でインターンをしていて、大学院にいなかったので、その時の必須科目の履修が無かったからです。交渉の末、建築学科のほうの類似授業を受けて結果的には卒業させて頂きました。

個人的な経験として、私と建築関係の方との関連性は強いほうに思われます。大学院時代のルームメイトが建築を勉強していたり、現在、ハウスシェアをしているルームメイトは、こちらの大学で建築の教授をしています。さらには、一緒に働いている同僚やマネージャー達も、建築家として以前働いていた方も多くいますし、建築学科の大学の卒業した同僚は数え切れないくらい多いことも間違いありません。おかげで、構造物の設計をしていると、「あなたは建築の出身なんでしょ?」と言われるしまいです。。。

これから、少しでもグローバルにデザインを出来る建築家やランドスケープアーキテクト、土木エンジニア、インテリアデザインなどが多く生まれると良いと思います。

関連記事

    None Found

Advertisement

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.