ランドスケープの書籍の寄付

2016年 2月 28日 日曜日by Taguchi Leave a reply »

今年のEDSA事務所の抱負は、pay it forward、つまり将来に良いことをしようという事です。これを機会に、自分の持っているランドスケープの本(多くは洋書)を学生さんやデザイナーなどの欲しい方に寄付しようと思います。ただ、日本に持ち帰るのは大変ですし、費用の関係もあるので、米国の方が良いと思います。興味のいる方がいれば、三月終わりまでに連絡ください。

本は、良い情報です。ただ情報もシェアしてこそ、もっと価値があると思うのです。役に立ってくれると、本も嬉しいと思います。

関連記事

Advertisement

2 comments

  1. Suigo Takao より:

    本を譲っていただけるという記事を読みました。一冊お願いします。
    ランドスケープデザイナーを目指しています。4月から高校3年生になります。志望校は筑波大学の環境デザイン学科です。空間が持つ特殊な能力を感じる機会がたびたびあり、「海の森」のデザインを見てランドスケープデザイナーになろうと思いました。僕自身は日本に住んでいますが母がアメリカに住んでいるのでピッツバーグの街並みを見て日本の街はいろいろなものが所狭しと並んで雑然としていると感じています。僕はいつか貴方のように世界で活躍するランドスケープデザイナーになりたいと思っています。
    譲っていただけるならご連絡お願いします。

  2. Taguchi より:

    ピッツバーグのお母さんのところに本を送りました。ぜひ楽しんでください。

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.