Bryant Park(ブライアントパーク): ニューヨークの都市公園

2010年 9月 20日 月曜日by Taguchi 4 comments »

毎年、9月の初旬(Labor Day Weekend)になるとニューヨークを訪れるというのが、ここ数年の私の恒例イベントになっています。このニューヨーク旅行は、テニス好きな私が大変楽しみにしている、全米オープン(世界四大大会の一つ)を見に行く為です。大抵、丸一日はテニス観戦をし、他の日は、大学時代の旧友に会ったり、美術館などを回ったりします。マンハッタンにある新しいランドスケープ・建築・まちなみ等を見ることは、デザイナーとしての自分に良い刺激を与えてくれます。
 

Bryant Park (ブライアントパーク)

Bryant Park (ブライアントパーク)


 
さて、ニューヨークには、東京のように見所がたくさんあるのですが、その中でも私が大変気に入っている公園が、このBryant Park(ブライアントパーク)です。都市の一角に突然現れる、明るい緑の芝生のオープンスペース。 » 続きを読む Read more: Bryant Park(ブライアントパーク): ニューヨークの都市公園

ランドスケープ留学のアドバイス 続編03 (ランドスケープ留学関連の記事)

2010年 8月 25日 水曜日by Taguchi No comments »

今回は、短く簡潔にブログさせて頂きます。
以前から、いくつかランドスケープの留学に関する質問が私のところに寄せられましたが、なかなか米国にある大学を日本から調べることはなかなか苦労すると思います。Landscape Architecture Magazine(March, 2010)にまとまった記事がありましたので、皆さんとシェアしたいと思います。

留学費用などが載っている。 LA Magazine, March 2010

留学費用などが載っている。 LA Magazine, March 2010


全ての記事のPDFのダウンロードは » 続きを読む Read more: ランドスケープ留学のアドバイス 続編03 (ランドスケープ留学関連の記事)

庭を見ること、ランドスケープを訪れること

2010年 8月 15日 日曜日by Taguchi 2 comments »

昨日、大学の研究室の先輩とスカイプで話していると、「研究室の学生が質問があるから、相談に載ってくれないか?」と頼まれました。「夏休みの課題として、素晴らしい屋上緑化の事例を見に行きたいのだが、デザインの観点からみてどこがお勧めですか?」という質問でした。

私は、職業柄、さらには、個人的な趣味として、日本や世界の庭やランドスケープを見に行くことが大好きです。なぜかと言うと、現地の庭・都市空間・公園などには、そこに住む人々が、どのように利用しているのか見ることが出来るからです。そして、現地の気候、緑、光、風などを自分で感じながら、空間や景観を観察することがとても重要だと考えています。そして、そこにある快適な空間には、何が影響しているのか思いふけることもあります。

特に、学生の時には、たくさんのランドスケープを見に行きました。一人で行くことも多かったのですが、ルイジアナ州立大学のMax Conrad先生とは、世界各地のランドスケープを見に行きました。今でも、それは、私がデザイナー・計画者としての貴重な糧となっていることは間違いありません。

Max Z Conrad先生。 視察旅行(Field Trip)のインドにて。

Max Z Conrad先生。 視察旅行(Field Trip)のインドにて。

イサムノグチが影響を受けたというJantar Mantar(Jaipurにて)。 左下にいるのは、一緒に旅行をしたルイジアナ州立大学の学生。階段を上るのがMax先生。

イサムノグチが影響を受けたというJantar Mantar(Jaipurにて)。 左下にいるのは、一緒に旅行をしたルイジアナ州立大学の学生。階段を上るのがMax先生。

» 続きを読む Read more: 庭を見ること、ランドスケープを訪れること

ランドスケープデザインの入門書 「造園計画」

2010年 8月 4日 水曜日by Taguchi No comments »

ランドスケープに関わっていると、いろいろな履歴・職歴などを持った設計者や業界の関係者の方に出会うことが多くあります。環境やランドスケープといった広範囲なものを対象としている為、いろいろな分野の人達がランドスケープに興味を持ち、勉強し、仕事に就くという事実があるのでしょう。
 
このブログを始めてから、ランドスケープ留学について、いろいろな人達から問い合わせや反響がありました。そして最近、少しびっくりしたのが、現在、アフリカでボランティアしている日本人からのお問い合わせです。。。世の中、本当に広いものだと感じると共に、ランドスケープの分野にもグローバル化が進みつつあることを実感しています。そして、よく聞かれる質問の一つが、ランドスケープの経験が無いのですが、留学したいというものです。
 
以前にも書いたかもしれませんが、米国のランドスケープアーキテクチャーの大学院においては、多くの学生が、学部生の時にデザインの勉強をしてなかった人達で大半を占められます。同僚の大学院を出た人達に聞いてみると、その中の数人の海外から来た留学生が、ランドスケープ、建築やデザインを勉強してきた人達が混ざっているというのが、実情のようです。大学院生には、ランドスケープに関わる園芸や環境系の勉強をした人達であったり、経済、アート、文学など様々な事を勉強してきた人達で、皆さん多種多様です。現在、事務所にインターンに来ているLouisiana Sate Universityの大学院生に聞いても、8割ぐらいの学生がデザインの勉強をしてこなかった学生だという事でした。

私のケースは日本の大学にいる際に、緑地(ランドスケープ)を勉強しているものの、あまり特別、デザイン的なことを勉強したのかと考えると、そうでも無いような気がします。この自分の経験と同期の学生達のことをよく考えると、アメリカのランドスケープデザインは、以前からランドスケープに関わっていなかった人でも、関われる分野だと思っています。そして、このような人の多様性にこそ、将来のランドスケープをより良くすることができる私は思っています。
 
しかし、米国に直接留学する人こそ、日本のランドスケープの実情を聞かれることが多くあると思いますし、日本庭園に始まる造園やランドスケープに関する基礎的なことは抑えておいて頂きたいというのも本音です。そこで今回、ランドスケープに関わって来なかった人達も、現在、関わっている人達にも読んでほしい入門本を紹介します。日本語でランドスケープのお勧めの本は、ほとんど無いのですが、初心者・入門者向けには、この海文堂出版の造園計画という本がお勧めです。

造園計画 海文堂出版

造園計画 海文堂出版

» 続きを読む Read more: ランドスケープデザインの入門書 「造園計画」

ランドスケープ留学のアドバイス 続編02 大学院留学と奨学金・金銭面

2010年 7月 24日 土曜日by Taguchi No comments »

7月の始めに日本に一時帰国していました。その際に、母校の明治大学において、学生達に対してランドスケープの良い刺激を与えてほしいとのリクエストがありましたので、ちょっとしたプレゼンをさせて頂きました。特に、ランドスケープデザイン関連の学生達からは、海外への留学に関して、数多くの質問がありました。ランドスケープに興味をもってくれる学生がいるのは、本当に嬉しい限りです。

明治大学のランドスケーププレゼン資料1 ルイジアナ州立大学

明治大学のランドスケープに関するプレゼンの資料の一部。ルイジアナ州立大学のプログラムについての紹介。


 
やはり留学となると、皆さん、どのようにしたら良いのか分からないようです。皆さんが一番悩むところは、なかなか「留学をする!」といった決心が出来ないところにあるようです。何となく、留学をしたいというような気持ちでは、英語の勉強などの気合の入り方が違うので、TOEFLなどの点が伸び悩んでしまう傾向にあるようです。。。これでは、なかなか最初の一歩を踏み出すことが出来ません。
さて今回は、留学に関する金銭面のことについて、数人の学生から同じような質問がありましたので、 » 続きを読む Read more: ランドスケープ留学のアドバイス 続編02 大学院留学と奨学金・金銭面

今どきのリゾートはヴィラを中心とした低層建築、かつプライベートに…

2010年 7月 20日 火曜日by Taguchi No comments »

ホテル・リゾートのランドスケープ  - フロリダのカプティヴァ島とサニベル島(Captiva and Sanibel Island)②

前回からの続きで、フロリダのカプティヴァ島にあるSouth Seas Island Resortを紹介します。このリゾートは、ランドスケープ・景観の観点において非常に良く出来ており、素晴らしい場所がたくさんあります。
多くのホテルのランドスケープデザインに関わる私自身も、「また泊ってゆっくりしたい。」と思うような場所です。特に素晴らしいと思った点は、ホテル客室のヴィラを主として、レセプションセンター、レストラン、ビーチクラブ等の低層建築が広大な敷地を利用して上手に配置されている点が挙げられます。

South Seas Island Resortを上空から見る。 ©Google Map

South Seas Island Resortを上空から見る。 広大な敷地に低層建築が配置されている。©Google Map

衛生写真を見ると、西側にあるプライベートビーチ沿いに建物が並んで配置されているのが分かるでしょうか?これらは、オーシャンビューを意識した敷地計画に » 続きを読む Read more: 今どきのリゾートはヴィラを中心とした低層建築、かつプライベートに…