中国の複合商業施設 三里屯VillageとThe MixC 万象城

2012年 5月 12日 土曜日by Taguchi No comments »

ここ数年、中国の仕事に関わる機会が多く恵まれています。三月の終わりに、いくつかのプロジェクトのワークショップやミーティングに中国に行っていました。一つのプロジェクトは、商業を中心とした複合施設ということもあり、出張に兼ねて、中国のランドスケープデザインで何が出来るか?現地の素材・仕上げ・職人の質だったり、植物、スケール感を捉えるために、仕事の合間をぬって、いくつかランドスケープを見てきました。北京では隈研吾の三里屯Village,深圳ではThe MixC万象城というプロジェクトです。特に後者のプロジェクトには、しっかり出来ており、関心しました。ここまでの質が出来るのなら、米国や日本とあまり変わらないのでは?と思い、私もしっかり設計に取り組もうとモチベーションを上がりました。

三里屯Village

三里屯Village。右側の建物にUNIQLOが大きくお店を構えている。


The MixC

The MixC万象城。Louis Vuittonのお店が左側に入っている。


今回は、中国のランドスケープの質が本当に上がったことを示す好事例のThe MixC商業施設を紹介したいと思います。丁度、ショッピングモールの中にモデルが展示されており、プロジェクトの全体像を見ることが出来ました。
The MixCの全体開発のモデル。商業、ホテル、高層住宅の複合開発。

The MixCの全体開発のモデル。商業、ホテル、高層住宅の複合開発。


ホテル(左側の高層ビル)にはグランドハイアット、商業施設に入っているショップも以下の通りで、東京の六本木や銀座のブランドショップと引けをとらない並びになっています。

» 続きを読む Read more: 中国の複合商業施設 三里屯VillageとThe MixC 万象城

ランドスケープのインターンシップのインタビュー

2012年 3月 4日 日曜日by Taguchi 3 comments »

先週、人事のディレクターから、LSUの学生のインターン候補生のインタビューしてほしいと言われ、学生さんと話す機会がありました。ランドスケープの大学院生の中に、多くの中国人留学生がいることは、現在の中国景気の表れなのだと感じると共に、多くの学生のポートフォリオに個性がないことに気がつきました。このポートフォリオについては以前学生さんから、どうやって作ったら良いのかと聞かれたことがありましたので、個人的な意見を今回、ここに書いておきます。まず最近の学生は、コンピュータグラフィックを多く入れているのは、とても良い事ですが、その際のプロセスやコンセプト段階のスケッチ、モデルなどを入れたほうが良いと思います。古典的な技術になりますが、手書きのものは、とても個性があり個人的には何か伝わってくるものがあるような気がします。また多くの事務所がPDFなどのデジタルデータで申し込むようになっていますが、本当にその事務所に行きたいのなら、プリントの紙にこだわったり、本のように体裁を整えて、実際のポートフォリオを事務所の了承を得て送るのもありかと思います。まずポートフォリオが駄目ならインタビューまで辿りつけないですからね。
7年前は自分が学生でインタビューの際に、とても緊張したのを覚えています。そしてインタビューの練習をしたのを思い出します。熱意、自分の技術、将来どのようになりたいのか?、インターンの事務所で何を学びたいのか?等と、いろいろ考えていたほうが良いと思います。米国ならではの質問もあると思うので、その点もカバーしておくといいでしょう。
また偶然、Landscape Architecture Magazineの2011年3月号に事務所のインターンに関しての記事が載っていました。2008年度においては、大学院生の50%がインターンの経験を積んでいると書かれていました。1992年度は17%と書かれていますから、時代と共に変わりつつあるのが分かります。米国も好景気の頃に比べれば、ランドスケープの仕事に就くの大変な時期になったと思います。この記事に書かれていたのですが、Design Workshopの人が、「デザイナーのLOST GENERATION」を心配していると言っています。長く不景気の日本は、私の世代ぐらいから、きっとロストジェネレーション化、つまり若い世代のデザイナーが多くいない状態になっているように思われます。これを聞くと、あー駄目かと思うのではなく、反対に、これはチャンスと見て、さらには、やる気のあるデザイナー達で出来た世代と考えると良いのかと思います。私もこの時代の変化を捉え、学生の頃のように新しいことを学ぶ過程を大事にして、頑張らなければいけないと思います。

» 続きを読む Read more: ランドスケープのインターンシップのインタビュー

英語、グローバル化のことを考える

2012年 1月 21日 土曜日by Taguchi No comments »

先週、知り合いから英語の翻訳を見て欲しいと言い、手伝う機会がありました。日本の会社から海外への工場の指示文章で、私の英語にとってもチャレンジ的な内容でエンジョイさせて頂きました。普段、英語に関係ない日本のエンジニアの方が、そういう文章を作らなければいけないという点で、とても困っているようでしたのでした。今までは、海外の工場へは日本の文章で指示を出せたのですが、それでは、翻訳の意図がバラバラで統率がとれないということであり、日本本社からも、海外へ英語で指示するように変えるという方向転換をしたようです。

翻訳を手伝う中で、日本のグローバル化が激しく進むの現在を、とても感じる機会になりました。日本にいても、海外と連絡を出来る人材、もしくは将来的に、そういうことの出来る人材が必要なようです。

World Map 世界はとても広い。

World Map 世界はとても広い。


しかし、留学をする若者は、この現状を受けても、減っているという現実があるようです。「もう、どこにいても逃げ回ることが出来ない時代なのかもしれません。むしろ、これをチャンスと捉え、立ち向かっていく」人が必要な時代なのだと思います。

海外へ行くと、日本企業への就職が厳しいと » 続きを読む Read more: 英語、グローバル化のことを考える

トヨタの「カローラ」

2012年 1月 15日 日曜日by Taguchi No comments »

米国に住んでいると友人と車の話をすることが多いです。この国では、車が普段の交通手段だあるし、ほとんどの都市が車というものを中心にして計画されていると言っても過言はないでしょう。

日本の象徴に車というものがあるのが、世界の人たちからの目なのでしょう。そして、私が日本人であるからからこの話題になるのかもしれません。

年末、本を整理していたら、という本が出てきました。特に目立った本ではないのですが、この本を読んでいて、とても納得した点がありました。

一つは、カローラの車が8代目から9代目にかけて、とてもデザインが変化したことです。これは、ベルギーにあるデザインスタジオの » 続きを読む Read more: トヨタの「カローラ」

「日本のデザイン――美意識がつくる未来」を読む

2012年 1月 2日 月曜日by Taguchi No comments »

今年の年末は、10月の終わりに日本に滞在したこともあり、米国でお正月を過ごすことになりました。この時間がある時に、原研哉著の「日本のデザイン」という本を読みました。日本人の美意識、家、観光、素材などのトピックに分かれて、読みやすい本でした。いくつか個人的に、気に入った文章があったので、ここで記しておきます。

「住空間をきれいにするには、できるだけ空間から物をなくすことが肝要ではないだろうか。ものを所有することが豊かであると、僕らはいつの間にか考えるようになった。」p.99
このことは、著者はPeter Menzelの写真集を見てみる » 続きを読む Read more: 「日本のデザイン――美意識がつくる未来」を読む

アメリカのビザ申請(就労 H-1B)、OPT等

2011年 11月 8日 火曜日by Taguchi No comments »

今回は、アメリカの就労ビザについて書くことにします。なぜかと言うと、この事について、以前にも数人から質問されたことがありますし、どうしても米国で働くには、必要になるものです。更に、申請するにあたって、多くの書類が必要になるのです。私自身は、この書類に関して、あまり知識が無かった為に、苦労しました。学生さんだったり、米国で働きたい人たちは、これを読んで、少しでも必要な就労ビザについて知ってもらえたらと思います。もちろん、ランドスケープアーキテクト、建築家、インテリアデザイナーを目指す方には、特に参考になると思います。

» 続きを読む Read more: アメリカのビザ申請(就労 H-1B)、OPT等