ランドスケープの事務所と大学の関係 - 学生が実務のプロジェクトに取り組む

2011年 9月 26日 月曜日by Taguchi No comments »

8月の終わりに、私の大学院の母校であるLouisiana State Universityの学生達が事務所に来ました。LSUのBruce Sharky先生からの提案で、大学のスタジオ授業の一部として「学生達に実務のようなプロジェクトをやらせたい。」とのことでした。大学と私の事務所の関係は長期に渡るものでありましたので、軽く引き受けたようです。

この学生のプロジェクトに関して、事務所のほうから私にメインコーディネーターになってくれと頼まれました。個人的に、Bruce先生には、Mexico cityで約一ヶ月間に渡りフィールドとリップを一緒にしており、お世話になっていた恩もありましたし、学生にはいつでもオープンにしておくのが私のモットーであるので、私自身も快く引き受けることにしました。そして、責任者として学生達が多くのことを学べるように、スケジュールの調整から、プロジェクトの推進とレビューをする役割を担うことになりました。

予定としては、先生が引率し、約一週間の間にフロリダのField Trip(ランドスケープのプロジェクトを観る旅行)を3日間、私の事務所でDesign Charretteと呼ばれる短期のデザインワークショップを4日間というものでした。さて、Design Charretteと呼ばれるワークショップは、事務所に来るインターンの学生達が4,5日と短い間に、実際のプロジェクトをグループとして取り組むものです。毎日のように事務所のデザイナー達の前でプレゼンし、レビューやコメントを取り入れながら、デザインするのです。この期間は、異なった大学から来る10人程度のインターンの学生が知り合うのに良い機会ですし、その間に同期としてのグループ感覚をもつようになります。また私達デザイナーが、個々の学生の性格や技術がどのようなものなのか?理解することが出来るのです。

普段、このインターンの学生がするものを、LSUの学生達にやってもらうことになったのですが、大学の授業の一環としてやるのは、前例がありませんでした。更に、学生の数が約20人という多数であるのが、私にとって今回のチャレンジでした。特に、全国の大学から選ばれたインターンの学生とは異なり、技術がバラバラであるのも配慮する必要性がありました。

事務所でプロジェクトに取り組む学生達

事務所でプロジェクトに取り組む学生達(大学4年生、5年生、大学院の3年生)


Bruce先生の授業が、住宅を主とした街づくり(Residential Community Development)をテーマにしたものでありましたので、私は、カリブ海のWest Indiesにある山があり、美しいビーチがある約200acreの敷地をプロジェクトに使うことにし、ツーリズムを中心とした街づくりの課題を出すことにしました。。学生達に、大地の地形を理解してもらい、その中で、どの場所を保全すると共に、ディベロプメントが出来るのかというのが、ランドスケープアーキテクトとして重要だと思い » 続きを読む Read more: ランドスケープの事務所と大学の関係 - 学生が実務のプロジェクトに取り組む

グラウンドゼロ メモリアルSeptember 11th, Ground Zero Memorial

2011年 9月 9日 金曜日by Taguchi No comments »

2001年から、もう既に10年経ったのか。。。

当時、私は、コロラド州立大学で一年間、ランドスケープ学科に所属し、勉強していました。丁度、そのとき、New Yorkにテロが起こりました。そして、私は映画の一場面のようなショッキングなニュースをひたすら見ていました。

先日、ニューヨークに行った際にWorld Trade Center跡地の前のホテルに泊まり、その様子を観察する機会がありました。10年かかっても、なかなか回復に至るには、程遠いことを知りました。この時間の流れを考えると、東北の震災復興には、多くの年月が必要だな。。。と感じざるに負えませんでした。

Ground Zero Tower,  by SOM

Ground Zero Tower, by SOM

Ground Zero, 0911夜も明るく、コンストラクションが続く。

夜も明るく、コンストラクションが続く。

» 続きを読む Read more: グラウンドゼロ メモリアルSeptember 11th, Ground Zero Memorial

ランドスケープ・まち・建築を巡る旅行 シカゴChicago他

2011年 8月 1日 月曜日by Taguchi No comments »

ここ一ヶ月ほど、ブログをアップデートすることが出来ませんでした。実は、祝日や休暇を利用しつつ、旅行や会議に出かけていました。フロリダのSt AugustineとWest Palm Beachでのフロリダランドスケープの会議(FLASLA – Florida Chapter American Society of Landscape Architecture)、更にはChicagoに出かけていました。

旅行に行く度に思うのが、「旅は、いつしても素晴らしい!」ということです。そこには新しい土地の人々・文化・歴史があり、それらとの出会いがあるのです。そして、時には、その街並み・ランドスケープが、私達デザイナーを刺激し、より良い空間への想像力・好奇心を増幅させてくれるのです。また、実際の空間は、本の中で見ていた建築やランドスケープのプロジェクトの写真とは異なる印象を与えることが多々あります。結局、私達デザイナーは、自らの足を動かし、その場所を訪れ感じてみるということが大事なのだと、つくづく思いました。

Chicago - 高層建築の発祥の地

Chicago - 高層建築の発祥の地

時には、普段の目線から離れて見るのも面白いものです。特に、水空間が » 続きを読む Read more: ランドスケープ・まち・建築を巡る旅行 シカゴChicago他

日本のランドスケープ・アーキテクチュア(造園)訪問リスト Japanese Landscape Architecture Must-See List

2011年 6月 25日 土曜日by Taguchi 4 comments »

来週には、私の同僚がバケーションで、日本に行く予定らしい。その彼女から、「日本でどこのランドスケープを観たら良いのか?」と聞かれました。このことに関しては、以前から学生やブログを読んでいる方から、「ランドスケープのお勧めな場所はありますか?」と以前に問い合わせがありましたので、今回、古典的な日本庭園から現代のランドスケープのプロジェクトまでリストに挙げてみることにします。

そもそも、モノや空間を観るということは、デザイナー・計画者にとって一番必要なことだと思います。その場所に行き、実際、その空間を感じてみることは、私がデザインする過程において、とても役に立つことが多いのです。その場所のSense、つまり雰囲気のようなものを感じることが、とても重要なのです。そこには、写真には見られない、利用し楽しむ人々や、在来する動植物、季節・天候により異なる景色などといった、時間・動的な要素が含まれるのです。このことを考えながら、どのように計画・デザインすれば良いのか?と自分自身で思考錯誤をしながら仕事をしています。

最初に、ランドスケープアーキテクトになりたいと学生の頃に思ったときは、私の周りには、デザイナーの方がほとんどいませんでした。私の先生も設計者ではありませんでしたが、「実際にモノを見るのが良いのでは?」とアドバイスを頂いたので、とりあえず、ランドスケープ関連の雑誌に載っている場所などを一人で訪ねては、そこでスケッチしたり、写真を撮ったりする事をよくしました。この事は、最近でも良くしていますし、やはり、そのことが実務に役に立つことが多いと最近、再評価しています。

ランドスケープ デザイン スケッチブック

今までのスケッチブック(ジャーナル)。どこか訪れるたびに、これを持ち歩いて、スケッチやメモをした。


 
今回は、自然的な国立公園や場所を除いたリストになりますが、以下がお勧めなランドスケープの場所に » 続きを読む Read more: 日本のランドスケープ・アーキテクチュア(造園)訪問リスト Japanese Landscape Architecture Must-See List

建築留学の動画 「海外で建築を学ぶ方法」

2011年 6月 15日 水曜日by Taguchi No comments »

Twitterを通して、海外の建築留学の方法に関するプレゼンをした動画を見つけましたので、今回、シェアさせていただきます。音や画像が途中、青くなったりしますが、「建築」と「ランドスケープ」の留学も、学ぶまでの過程はとても類似していますので、ランドスケープで留学したい方も参考にして頂ければと思います。


私も、これに似たようなプレゼンを卒業した大学で、数回して » 続きを読む Read more: 建築留学の動画 「海外で建築を学ぶ方法」

奨学金(Scholorships)情報 ランドスケープアーキテクチャーの米国留学

2011年 6月 5日 日曜日by Taguchi No comments »

米国の大学・大学院において気づいたのが、多くの奨学金が存在することです。企業・個人からの献金が大学に多く集まるのです。少し気になったので、奨学金という言葉についてWikipediaで調べると以下のようになります。

「奨学金(しょうがくきん)は、能力のある学生に対して、金銭の給付・貸与を行う制度。金銭的・経済的理由により修学困難とされる学生に修学を促すことを目的とすることも多いが、金銭的・経済的な必要性を問わず、学生の能力に対して給付されることもある。」

米国における多くの奨学金は、前者の経済的サポートというよりは、後者の優秀な学生に対して授与するというものが多いと思います。実は、私が学生の頃は知りませんでしたが、海外からの留学生でも申し込むことが出来る多くの奨学金が存在しますので、今回、紹介させて頂きます。

LAF(Landscape Architecture Foundation)の奨学金

LAF の奨学金情報のウェブサイト

LAF の奨学金情報のウェブサイト


http://lafoundation.org/scholarship/leadership-in-landscape/awards-available/

例えば、2011年で、大学院生で、日本人が » 続きを読む Read more: 奨学金(Scholorships)情報 ランドスケープアーキテクチャーの米国留学