フロリダ高校銃乱射の都市 - 身体障害者を考慮した全ての人々の為の公園を!

2月 24th, 2018 by Taguchi No comments »

10日ほど前から、フロリダのニュースが日本でも流れているようです。そう、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の銃乱射の事件です。

この事件があった場所は、私が住んでいるところから車で40分程の距離にあるパークランド市です。恐らくニュースを見ている方は、とても危ない場所というイメージがあるでしょうが、実際は、フロリダで三番目に安全といわれるほど安全な場所です。私のパークランドのイメージも、とても安全で、住人の方も教養の高く優しい人たちが住んでいるイメージです。

2014年から2015年にかけてパークランド市の公園のマスタープラン計画のプロジェクトの業務に携わっており、市の住民の方、ボランティアグループの方、市長、役員、市の職員の方々を知っていますが、本当に素晴らしい人達でした。今までのクライアント方々の中でも、本当にまた働きたいと思うような人達でした。その分、今回のような事件は非常に残念ですし、生徒さんや家族の方の事を思うと個人的にも心苦しいものになってしまいました。今回は、この事件があった都市での公園を計画した際に会った人たちのことを書きます。

プロジェクトは既存のレクリエーション公園を身体障害者を含めた全ての人の為の公園にしてほしいという依頼でした。市のボランティアグループからの声かけが中心になり、市が少額の予算を組み依頼したプロジェクトでした。市の仕事ですから、プロポーザル式の一般入札でした。事務所内でも少額な予算なので、仕事をすると赤字になるからと多くの部長達が断る中、私の女性上司グループを中心に、子供達の為や地元の人たちの為にやろう!と入札に参加し、パークランド市は弊社に仕事を引き渡すことを決めました。

公園の全体パース:ボランティア団体の提案から、後にFriendship Parkという名前に使用という提案があった。


ボランティアの代表の方との最初のミーティングは、とても印象的でした。All inclusive parkというテーマで、身体障害者を考慮した場所などのランドスケープ関連の雑誌を切り取ったページを差し出して参考にして欲しい!というのです。とても熱心な方だなと、今でも思い出します。この方は、パークランド市にParkland Buddy Sportsというボランティアグループを立ちあげ、更には、The Friendship Initiativeというスポーツだけではなく、音楽、アート、フィットネスをするボランティアを立ち上げました。これらのボランティアグループの素晴らしいところは、高校生を中心とした学生と身体障害者の若者を「仲良し友達(buddy)」としてタッグを組ませて、スポーツや音楽を一緒に楽しむというものなのです。もちろん、身体障害者の方も喜ぶのですが、一番、喜ぶのが一般の生徒の両親達なのです。「うちのだらしない息子がボランティアに参加している時は、しっかりして身体障害者の子たちを支えている!」という驚きの声を親が話すのです。つまり、皆がハッピーになるウィンウィンのプログラムなのです。

プロジェクトが終了した後も、私達も » Read more: フロリダ高校銃乱射の都市 - 身体障害者を考慮した全ての人々の為の公園を!

ランドスケープアーキテクトの資格

12月 3rd, 2017 by Taguchi 2 comments »

「日本とアメリカのランドスケープアーキテクトの違いは?」

アメリカのランドスケープアーキテクトの大きな違いの一つが、ランドスケープアーキテクトの資格制度であると私は思っています。多くのアメリカのプロジェクト(個人邸を除く)は、市や行政(郡)から敷地計画申請(Site Plan Suborbital)の許可が必要であり、その項目の一つにランドスケープアーキテクトが関わる、市のランドスケープ条例に従った緑化計算図面が含まれています。つまり、プロジェクトチームの一員としてランドスケープアーキテクトの資格を持った人が必要であり、その資格者のサインと判子がある図面が必要になるのです。

» Read more: ランドスケープアーキテクトの資格

海外で働いてから何度も読んだ本 松下幸之助 「道をひらく」

11月 11th, 2017 by Taguchi No comments »

困ったとき、迷ったとき、壁にぶちあたったき、
落ち着きたいとき、将来のことを考えるとき。。。

いろいろ場面に、この「道をひらく」という松下幸之助さんの本を読みます。
ベッドサイドテーブルに入っている、たった一冊の本です。まるで聖書のような扱いです。

道をひらく 松下幸之助

道をひらく 松下幸之助


その本の最初の文章を紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雨がふれば人はなにげなく傘をひらく
この自然な心の動きにその素直さに私たちは日ごろあまり気づいてはいない » Read more: 海外で働いてから何度も読んだ本 松下幸之助 「道をひらく」

砂漠の都市 ドバイの屋上プール

5月 28th, 2017 by Taguchi No comments »

砂漠の何もない場所に都市をつくる。誰がこのような構想を描いたのか?と行く度に思う都市がドバイです。

このような構想を描いた人達の一人が、クライアントにいます。きっと世界のトップ100に入る富裕層の方だが、小柄な体格にとても謙虚な人です。この砂漠の何もないところにスキー場付きのショッピングモールを作ったり、こんなことは成功しないだろうと思ったことを決断し成功してきたのは驚くべきことです。今はイスラム教徒のラマダンという日中は絶食する期間の約一ヶ月ですので、彼のことを思い出しました。この時期、彼らは自分たちの時間の流れをゆっくりとし、祈りを捧げる期間に入るのです。

さて、今回はその方が所有するプルマン・ホテルの屋上プールです。私達ランドスケープアーキテクトのデザインする対象には、プールなどの屋外施設が含まれるからです。このホテルはドバイの都市部にあり、隣のショッピングモールへの直接アクセスがあります。そして空港からも15分ほどの場所にあり利便性もとても良いです。東京で言えば山手線圏内といったところでしょう。

ホテル8階レベルの屋上プール 7階のフィットネス・スパからアクセスする


ホテル8階レベルの屋上プール 7階のフィットネス・スパからアクセスする


このホテルの屋上プールはコンパクトに必要な要素が簡潔にまとまっており、良くデザインされています。私自身はフロリダに在住しており、ホテル等のプロジェクトが多く、今までに数多くのプールを設計していてきました。日本の都会にあるホテルに屋外、屋内問わず設計するのであれば、このプールは良い類似事例になりうるでしょう。
仕事の後に、空港が行くまでに時間があったので、スケッチする。スケッチはその場の雰囲気を捉えたり、同じようなプロジェクトにあった時に参考にする。

仕事の後に、空港が行くまでに時間があったので、スケッチする。スケッチはその場の雰囲気を捉えたり、同じようなプロジェクトにあった時に参考にする。


プールの設計のコツは、「誰を対象にするのか?」ということから始まります。大まかにわけると、大人や家族を対象にしたプールと子供を対象にしたプールです。このプールでは » Read more: 砂漠の都市 ドバイの屋上プール

動物園とランドスケープ

5月 20th, 2017 by Taguchi No comments »

昨年、飛行機内で観た動画が、ランドスケープアーキテクトの仕事に関することでしたので、紹介しようと思います。
ガリレオX 「動物園デザイナー ~若生謙二の仕事~」という動画です。ランドスケープは植物や人だけでなく、動物などを含む生態系を理解する必要があるのです。

ガリレオX 「動物園デザイナー ~若生謙二の仕事~… by Mieko-1
若生先生のように、動物にも配慮した展示がもっとできると良いですね。 » Read more: 動物園とランドスケープ

ランドスケープ・スケール 寸法メモ

5月 14th, 2017 by Taguchi No comments »

ランドスケープデザインとランドスケーププラニングに必要なものは何か?それは、スケール(都市や自然の構成要素の大きさ)を理解することだと思います。

» Read more: ランドスケープ・スケール 寸法メモ