これからランドスケープを勉強する、実務をする人への本(造園計画、造園技術)

6月 5th, 2016 by Taguchi 4 comments »

私は日本の大学で緑地学を学び、米国でランドスケープアーキテクチャーを学びました。そして、米国のEDSA事務所でランドスケープアーキテクトとして、11年働いています。今年、このブログに連絡をくださった方の中から二名、米国のランドスケープアーキテクチャーの大学院への留学が決定したと連絡をいただきました。これは、とても嬉しいことだと思います。しかし個人的にですが、日本人でランドスケープの分野に関わる若い人たちが年々少なくなっているような気がしています。私は現在日本におりませんので、感覚的にですが、留学する人も僅かなのではないかと思います。
ただ嬉しいこともあります。日本で他の分野を学んでいた方が、ランドスケープを新たに学ぶために米国へ留学をしたいという相談を受けることが増えてきました。例えば、建築、社会地域学、または、経済、英文科など、それは人それぞれです。

では、このような方が、手軽に日本語で、どのようなランドスケープの本を読んで勉強すれば良いのか?
今日はその方法の一つをご紹介したいと思います。

高等学校用の「造園計画」という教科書を私はお勧めします。実務をしている私が見ても、よくまとまっていると思います。大学の先生が教えるような基礎的なことが大体カバーされています。とても安価な本(当時400円)ですので、大学生でもぜひ持っておくと良いと思います。実務をする場合にも、一冊持っておくと便利だと思います。
本に記載されている(日本、世界の庭園の歴史)は、簡潔に書かれていて分かりやすく、この本に出てくるような庭園や公園には、ぜひ足を運んでみるとよいでしょう。私は、大学四年生の時(2002年)に一冊、2010年に一冊買っています。コンピューター技術の発展もあり、私の持っている2010年度版に記載されている、造園製図については少し時代遅れの内容なので、現在は改定されていると良いのですが、確認はできていません。
また、この本は、造園の範囲での設計や計画に収まっており、今後、近代や現代のランドスケープの広大な領域までカバーできるような内容に将来改定されることを期待しています。そして、マスタープランのような敷地計画や、都市デザインまで、現代のランドスケープの仕事をカバーする内容になると良いと思います。これらの不足部分や将来補充に必要な項目があるものの、ランドスケープアーキテクトを目指す方に、「一冊持っているべき本」としてお勧めします。ランドスケープの分野において、高校生から学ぶ人たちがもっと増えてくると良いのかもしれませんし、実務においても採用していくことを検討する必要があるのではないでしょうか?

高等学校教書 造園計画、造園技術がランドスケープ初心者にお勧めです。

高等学校教書 造園計画、造園技術がランドスケープ初心者にお勧めです。


次の本は、これも高校の教科書の「造園技術」です。これは、 » Read more: これからランドスケープを勉強する、実務をする人への本(造園計画、造園技術)

大学生の頃のメモ - 大学時代にしなければならないこと

3月 20th, 2016 by Taguchi No comments »

週末に本を整理していて、「武士道」という新渡戸稲造の本から、役15年前の大学生の頃にメモが本の栞として入っていた。当時、大学一年の後期から二年の前期の私は、何の勉強を、何のために大学の講義で教えているのかも分かっていませんでした。更には、バイトを二つ掛け持ちしながら、バイトで稼いだお金を、友達と飲んで過ごすような生活をしていました。大学の授業よりも、バイトが生活の中心でした。勉強や将来に対してモヤモヤしていた私が、大学の購買の本屋で見つけた本を読んだ際にメモしたものでした。本の名前は、「大学時代にしなければならない50のこと」という本でした。

自分のメモには、こう書いてありました。

空港 それは国の表玄関

3月 13th, 2016 by Taguchi No comments »

昨年末からエジプトのカイロのワークショップの仕事で、ヨーロッパの空港で乗り継ぎをすることが多くありました。ウィーン、フランクフルト、パリなどです。他にも、仕事や旅行でプラハ、コペンハーゲン、ロンドンなどのヨーロッパの空港に行ったことがあります。

海外旅行の観光客に最初に目にするものが、空港そのものです。そして、その空港の風景や係員の対応などの経験が、その国の一つのイメージを印象づけます。

最近の中でも、一番好印象を受けたのは、ウィーンの空港でした。森の中にいるような立地条件なのですが、ガラス張りのカーテンウォールの向こうの森林、そして中は、とてもミニマルなインテリアです。いつかこの国には、空港から降りて、街を歩いてみたいと思いました。

ウィーンの空港ロビー

ウィーンの空港ロビー

さて、なぜこの空港が良いのか?と言うと、 » Read more: 空港 それは国の表玄関

多くを学ぶこと、社会に貢献すること

3月 1st, 2016 by Taguchi No comments »

今日は、私の前のボス、Joe Lalliのお兄さんのVincentとEDSAの同僚と食事をしました。そして、Joeのことについて、久々に話をしました。EDSAでは、仕事をスタジオ単位で管理し、クライアントへの設計依頼をこなす形を特徴にしています。私は、Joeのスタジオで2009年から2015年まで仕事をしていました。特に、最後の3年間は、仕事を直接、一緒にしていました。EDSAが現在の米国有数の事務所になったのも、彼がCEOとして、事務所を率いて決断し、行動していったお陰だと言っても過言はないでしょう。彼が社長になったときは、赤字の事務所をだったそうです。彼が2014年に急逝するまで、ランドスケープの仕事を一緒にし、死後も、引き続きのプロジェクトを完成させる仕事をしていました。私にとっては、大変な時期でしたが、色々なことを彼から学びました。以下に私が学んだことを記しておきます。

» Read more: 多くを学ぶこと、社会に貢献すること

ランドスケープの書籍の寄付

2月 28th, 2016 by Taguchi 2 comments »

今年のEDSA事務所の抱負は、pay it forward、つまり将来に良いことをしようという事です。これを機会に、自分の持っているランドスケープの本(多くは洋書)を学生さんやデザイナーなどの欲しい方に寄付しようと思います。ただ、日本に持ち帰るのは大変ですし、費用の関係もあるので、米国の方が良いと思います。興味のいる方がいれば、三月終わりまでに連絡ください。

» Read more: ランドスケープの書籍の寄付

2016年度 アメリカ大学 大学院 ランドスケープアーキテクチャー学科 ランキング

2月 25th, 2016 by Taguchi No comments »

2016年度のDesign Intelligenceが報告したランドスケープアーキテクチャー学科のランキングです。

» Read more: 2016年度 アメリカ大学 大学院 ランドスケープアーキテクチャー学科 ランキング