奨学金(Scholorships)情報 ランドスケープアーキテクチャーの米国留学

2011年 6月 5日 日曜日by Taguchi No comments »

米国の大学・大学院において気づいたのが、多くの奨学金が存在することです。企業・個人からの献金が大学に多く集まるのです。少し気になったので、奨学金という言葉についてWikipediaで調べると以下のようになります。

「奨学金(しょうがくきん)は、能力のある学生に対して、金銭の給付・貸与を行う制度。金銭的・経済的理由により修学困難とされる学生に修学を促すことを目的とすることも多いが、金銭的・経済的な必要性を問わず、学生の能力に対して給付されることもある。」

米国における多くの奨学金は、前者の経済的サポートというよりは、後者の優秀な学生に対して授与するというものが多いと思います。実は、私が学生の頃は知りませんでしたが、海外からの留学生でも申し込むことが出来る多くの奨学金が存在しますので、今回、紹介させて頂きます。

LAF(Landscape Architecture Foundation)の奨学金

LAF の奨学金情報のウェブサイト

LAF の奨学金情報のウェブサイト


http://lafoundation.org/scholarship/leadership-in-landscape/awards-available/

例えば、2011年で、大学院生で、日本人が » 続きを読む Read more: 奨学金(Scholorships)情報 ランドスケープアーキテクチャーの米国留学

事務所のインターンシップ - ランドスケープの学生達

2011年 6月 2日 木曜日by Taguchi 1 comment »

先週から、夏のインターン生が事務所にやって来ました。今年は、計10人です。ついつい、私がインターンした頃を思い出してしまいます。もう7年も前のことですから、時が経つのは早いものです。

さて、私の事務所のEDSAでは、最初の一週間にシュレット(Charrette)と呼ばれる課題をインターンにやらせることになっています。学生達に私達がやっているプロジェクト、もしくは類似したものを一週間かけてデザインしてもらいます。この間に、彼らにチームワークであったり、同期のインターン生としての自覚を学んでもらいます。

今回は、隣町のPompano Beach市のCRA(Community Redevelopment Agency 市の再開発を扱う公共機関)に対して公共事業の提案の設計・計画に取り組んでもらいました。テーマは”Temporary Urbanism”というの課題をつけました。

このシュレットは、通常、半日に一回、事務所のデザイナーを数人呼んで、その前でインターン生にプレゼンテーションをしてもらいます。その際に、いろいろなレビューや意見をもらい、さらにデザインを洗練化させていくのが典型的なプロセスです。

最終的には、市のCRAの職員を招いて、プレゼンしてもらいました。”Temporary Urbanism -つまり都市を活性化させるための公共空間と地域の人々を巻き込んだプログラム・イベント”というの課題・コンセプトにして、皆さん非常に良いプレゼンをしてくれました。今回、個人的には、とても優秀な学生達という印象を受けました。

Internship Charrette

インターンシップのシュレット(Charrette)と呼ばれる課題  左に座っているのはCRAの職員

今回、時代の流れ » 続きを読む Read more: 事務所のインターンシップ - ランドスケープの学生達

ランドスケープ留学(大学院)、合格おめでとう!& 留学中は、インターンシップを!

2011年 5月 24日 火曜日by Taguchi 2 comments »

とても嬉しいニュースをブログを読んでいる方から頂きました。このブログを書き始めてから、ランドスケープ(Landscape Architecture)留学の相談を多くの方から受けてきました。何と、その中の方から、米国のランドスケープの大学院に合格した!とお便りを頂きました。初合格者ですので、私にとっても、これからランドスケープ・アーキテクトを目指す方が増えるのは、とても喜ばしいことです。

最近、米国のランドスケープ大学院について、この5月に卒業する友人と話す機会がありました。彼は、こちらでの留学生活を通して、日本のランドスケープ教育と米国のランドスケープ教育に、とても差があると感じたと言っていました。私も、この点に関しては、自分の経験からして同意見になります。さて、「何が違うのでしょうか?」

  1. 日本は研究重視 vs 米国は設計・計画の実務重視
  2. 米国のランドスケープ学科は、多人数の教授陣を抱える。大学によって、異なるが、10~25人程度が一般のようです。
  3. ランドスケープとしての専門職の社会的認知度、立場が異なる。→この点に関しては、私もランドスケープアーキテクトの一人として、これから頑張っていかなければなりません。

1番に関しては、大学のカリキュラムに反映されているようです。大学によっては、4年、5年の高学年の学生に、実務のインターンシップを必須としているカリキュラムが多く存在します。つまり、生徒を学生期間中に一学期間、実務の経験を積ませるということです。私が卒業したLouisiana State Universityも、今年の届いたニュースレター冊子によると、今まで選択科目であったインターンシップを、必須にしたと書いてありました。

LSU LA 2011 news letter

LSU Landscape Architecture 2011 news letterの冊子。毎年、卒業生に生徒がどのようなプロジェクトに取り組んでいるか。また、現在、活躍している卒業生のインタビュー記事などが載っています。

私自身も最初の冬休みは、 » 続きを読む Read more: ランドスケープ留学(大学院)、合格おめでとう!& 留学中は、インターンシップを!

エコ・省エネ・サステイナブルなランドスケープの評価・研究、そして創造

2011年 5月 17日 火曜日by Taguchi 3 comments »

サステイナブル、それは共生と成長
エコロジー、それは環境にやさしい事
生物多様性、それは全ての生物、生態系の多様性との共存

私達ランドスケープ・アーキテクトはこのようなモットーを基に仕事をしている人が多いことだと思います。しかし、実際は不動産開発に関わる仕事が多く、「本当に環境にやさしい空間を創っているのだろうか?」という課題にぶつかることが多くあります。なぜなら、私達の仕事には、依頼者がおり、その依頼者は彼らのビジネスの為の経済的利益、つまりお金におけるサステイナビリティーを目指しているからです。

では、これからのランドスケープ・デザインはどうするべきなのか?
この質問に返答するのは、なかなか難しいことであるし、時と場所により異なるかもしれません。私の現在の答えとしては、経済的にもサステイナブルにし、かつ環境にも優しくすると両者が共にある設計・計画をしていく必要があると思います。そして、それが可能な時期になってきたと最近は感じています。温暖化・エネルギー問題に対しての一般の人々・企業の考え方が変化しつつあるからです。
更に、土地に対して、この環境、経済の両者をプラスの方向性を示すと共に、芸術的な面もランドスケープに織り込んでいき、アートとサステイナブルが両立し、バランスよくなれば、それは長期に渡って皆さんから喜ばれるランドスケープになるのでしょう。
 

Landscape Architecture Foundation

Landscape Architecture Foundationのウェブサイト

さて、なぜサステイナブルなランドスケープに » 続きを読む Read more: エコ・省エネ・サステイナブルなランドスケープの評価・研究、そして創造

樹木を考える - ポケットパークで使われた植栽

2011年 5月 10日 火曜日by Taguchi No comments »

「木を植えた男」という絵本を読んだことがありますか?

私は小さい頃に両親が読んでくれたこの本がとても大好きでした。本の内容は、老人が、毎日ひたすら、荒れ果てた土地に木を植え、やがて、そこには平和で美しい森ができ、人と自然の営みが出来ていくという物語です。

私は、幼い頃のこの本の影響なのか、樹木や自然にとても関心があります。そして時折、この自分の好奇心に導かれ、樹木のことを図鑑やウェブサイトを使って調べてみることがあります。木の神秘性や、知らなかった特性に感心すると共に、「この樹木は、こんな場所で使えたら良いだろう、もしくは、この特徴を生かしたらどうなのか?」と考え事をします。

さて、今回は、先日に書いたニューヨークのポケットパークの代表作、Paley ParkとGreenacre Parkで使われた樹木について考え事をしてみることにします。 » 続きを読む Read more: 樹木を考える - ポケットパークで使われた植栽

Greenacre Park 緑、水、そして冬の対策

2011年 5月 3日 火曜日by Taguchi No comments »

前回紹介したグリーンエーカーパークの続きです。今回は、植栽の緑、カスケードの水景施設、そして、公園の冬の寒さ対策について書くことにします。
このGreenacre Parkにおいては、見本となったポケットパークのPaley Parkと同様に、小さな空間を活かすとともに、ハードな壁面の視覚を和らげるために、ツタによる壁面緑化がされていました。やはり、密度の高い都市空間では、壁という立面をどのように扱うのか重要なのでしょう。メインの樹木がアメリカサイカチ【Gleditsia triacanthos(Honey Locust)】が使われいたので、Paley Parkと同じく、ヘデラ【Hedera helix(English Ivy)】が使用されているのだろうと思っていましたが、ここでは、ナツヅタ【Parthenocissus tricuspidata(Boston Ivy/Japanese Ivy)が使われているそうです。両方とも夏場は、緑色をしているツタなのですが、秋には、グリーンエーカーで使用されているナツヅタは鮮やかな赤色に紅葉しますので、雰囲気が大変変わることでしょう。

Parthenocissus tricuspidata

ナツヅタParthenocissus tricuspidataで覆われた壁

ツタ一つを選ぶのにも、それが » 続きを読む Read more: Greenacre Park 緑、水、そして冬の対策